バンドガール・バンドボーイ – 果歩

この前着ていたTシャツの
あのバンドが最近売れてるね
新譜のMVと君を重ねてる

この前着ていたTシャツのあのバンドの事はよく知らないけど
君の歌う優しさならちゃんとわかってるつもりだよ
あたしにくれた古着とか枕元飾りの本とか
お土産のチョコレイトとかあの日 置いてったアレとか
くだらない恋人ごっこでもいいよね
2人ならさ

6畳のワンルーム
赤いエレキギターを弾いて照れながら歌って欲しいの
素早く動く長い指と白藍の声を聴いていたいのよ
飛び込んだワンルーム
夢を語りあった甘い部屋
ずっとなんて信じていないけど
もっと一緒に居ようね

朝カーテンを開けるたび君の街を描いてしまうのは
言葉じゃ埋められない距離が確かにそこにあるから

6畳のワンルーム
赤いエレキギターを弾いて呟くように歌うよ
同じコード 慣れない歌詞をなぞりながら思い出したいのよ
住み慣れたワンルーム
好きなものだらけの狭い部屋
約束なんて出来ないけど
君がいたらいいのにな

6畳のワンルーム
赤いエレキギターを弾いて照れながら歌って欲しいの
誰も知らない君をあたしだけがずっと見ていたいのよ
背伸びしたワンルーム
若さってやつは怖いのよ
きっとなんて存在しないから