初恋 – 林部智史

かけ引きさえも知らない想いは
初恋なのに愛に似て
だけど 程遠くて

近付いてみても 声もかけれない
離れてみても 傷ついて
影から見てた

「甘酸っぱい」と あとから
感じるだけの恋ならいらない

気付いたらいつも
目で追っていたの
恋人になるとかじゃなくて
高鳴る胸がうるさいよ

始まりを知らない
それが気がかりで
楽しむ余裕なんてないの
初恋をあなたに捧ぐから

足音でわかったり
癖に気付いたり
他の誰より あなたより
あなたを知ってる

私を伝えることよりも
「嫌われたくない」
それじゃダメかな?

与え過ぎていて
もらわずにいたの
それはそれで独りよがりで
恋に恋してるだけかな?

好きなだけなのに
疑ってしまう
自分に自信が無かったんだ
私は嫌なところだけでしょう?

月のように満ちても
欠けないこの想いは
心を飛び出して 伝わればいいのに

こんなに好きでも
運命じゃないの?
私はあなただと思うんだ
最初で最後だと思う

終わりを知らない
それが怖くて
楽しむ余裕なんてないの
初恋をあなたに捧ぐから

最初で最後にしたいから
初恋はあなたに捧ぐから