バラの傷あと – 松尾雄史

真っ赤な花びら その身に纏い
愛することが 怖いと泣いた
愛しきローザ 僕のものさ
胸の棘ごと 抱きしめたい
ローザ ローザ 哀しきローザ
ここにおいで

ジルバのリズムに ヒールを鳴らし
きらめくライトに 妖しく揺れる
あの日のローザ 僕のものさ
君のくちびる その瞳も
ローザ ローザ 哀しきローザ
愛してるよ

ワイングラスに つかまる様に
一人にしてと つぶやく背中
愛しきローザ 僕のものさ
胸の傷あと なぐさめたい
ローザ ローザ 哀しきローザ
離さないよ

コメントを残す