息衝く — 松室政哉

薄暮にはオレンジの中央線がよく映える
僕はただ声を潜め 東京の下で息衝く

壊れたままの時計を捨てられない理由
自分自身が一番わかってる 気づいてる

また変わらない朝が来て
人波に飲み込まれ
僕であること 忘れそうだよ
傷つかずに生きるなんて
難しいと知ってる
ただ そっと痛みを抱きしめてほしくなるんだ

誰に笑われたっていい
裏切られたっていいや
その先へ その先へ
秒針を回せ

また変わらない朝が来て
人波に飲み込まれ
僕であること 忘れそうでも
自分らしく生きるなんて
難しいと知ってるから
今は刹那を噛み締めて僕は行くんだ
今は痛みを抱きしめて僕は行くんだ

薄暮にはオレンジの中央線がよく映える
僕はただ僕のために 東京の下で息衝く