北の岬 – 松前ひろ子

離れていたって 親子です
母さん一人で 大丈夫
花の都の 夢の船
弱音をはいたら 流される
よさこい、よさこい 頑張れソーラン
北の女は 心配ないさ

母さんだけしか 知らないの
誰にも見せない 辛抱を
海が見たいと 言う時は
小さい頃から 辛い時
よさこい、よさこい 負けるなソーラン
北のきかんぼ 父さん譲り

逢いたさばかりが つのる夜は
おまえの笑顔が 目に浮かぶ
せめて夢での 里帰り
母さんおまえを 抱きしめる
よさこい、よさこい 元気でソーラン
北の岬で 祈ってます