湖底の故郷 — 東海林太郎

夕陽(ゆうひ)は赤し 身は悲し
涙は熱く 頬濡らす
さらば湖底の わが村よ
幼なき夢の 揺かごよ

あてなき道を 辿り行く
流れの旅は 涙さえ
枯れて儚なき 想い出よ
あゝ うらぶれの 身はいずこ

別れは辛し 胸傷(いた)し
何処に求む ふるさとよ
今ぞあてなき 漂泊(さすらい)の
旅路へ上る 今日の空