はじまりの空 – 東山奈央

陽だまりのなかで
見上げてごらん 果てのない空だ
どこか懐かしくて 胸の奥ほどけていく

季節がめぐり 小さな祈りが
芽吹くそのときを ただ待つように
静けさのなか 長い夢を見る
はばたく朝の夢を

暮れゆく西の空を 何度も繰り返して
ずっとここで待っている
生まれた小さな星を 遠くに見つめたまま
今も頬を打つ雨粒を覚えてる

ひとつ またひとつ
わた雲たちは風に流れていく
それぞれの約束を果たすため 旅は続く

羽が傷つき 痛み 汚れても
ひたむきな足で 丘へ向かおう
人は知らない その歩みがきっと
空へと花を咲かす

優しい風をつれて 明日を迎えにいこう
たとえ道に迷っても
これから先もずっと 何度も歩き出せる
今もあの日見た朝焼けを覚えてる

ここにいるから おもっているから
そばにいるから ねえ、笑って

広がっていく透明な色 夜が明けるはじまりの色
地平の先に 何を思うの 不確かなままの未来
高く手をかざし 歌に乗せて
いま 飛び立とう

見つめて 聞いて 感じて 重ねて 泣いて 笑って
日々を君と生きていたいよ

むすんだ手のひらから 生まれた虹の橋が
きっと時も超えつなぐよ
涙でかすむときも いつでも思いだせる
今もあのときの微笑みを覚えてる