Flash back – 東城陽奏

いつかの書き殴った夢
その輪郭に
色を塗り続けては
何も見えなくなった

上手に使えないパレットで
ぐちゃぐちゃ混ざって濁ったもの
汚れた手のひら
嗚呼かっこ悪い僕の幕が降りる

生きるほどに
色を変えていった未来に気付いては
ほんの1秒前の僕さえ酷く憎んだけど
Finally 振り返ればいつも寂しい僕の胸には
そのどの色もがただ恋しかった

いつかは たぶん誰よりもよく分かってた
流れる涙は少し昨日よりも暖かい

まっすぐ引けない五線譜に
夢中で描いた願い事
鮮やかに蘇るどこか忘れてきた思い出ごと

ざわめく心が導びかれた
知らない街のなんだか切ない香り、星明かり頼りない夜
いつでもそばで寄り添ってくれてたあのメロディ
すごく愛した人の優しい温もり

目を塞いできた思い出だけが知っていた
真っ黒なキャンバスの理由を訳を

静かに
色を変えていった未来に気付いては
ほんの1秒前の僕さえ酷く憎んだけど
Finally 振り返ればいつも寂しい僕の胸には
そのどの色もがただ恋しかった