七月 – 東京少年倶楽部

ノイズが凄いラジオのような
切れかけてる電灯のような
僕が息をしてるから 僕が続いてる

十二の時に仲良くなった猫は今も愛してる
アゴの下に白い毛が生えて かなり太ったけど

段々 会う回数が減って
気まずくなった友達や
変わらぬまま飲み続けてる
紙パックのコーヒー牛乳

天気予報の晴れ外れ
夕方から雨
サンダルとジーンズの裾濡れた
僕の心も雨

言葉や形をいらないと思えるくらい 日々や季節を感じていたい
恥ずかしいとか 見苦しいとか 痛いダサいとか
聞こえないくらいに誰かを愛してみたい

毎年この季節になると
思い出すのは君のこと

今でも大事に持ってるのは
あの歌が教えてくれたこと

言葉や形をいらないと思えるくらい 日々や季節を感じていたい
恥ずかしいとか 見苦しいとか 痛いダサいとか
聞こえないくらいに誰かを愛してみたい

天気予報の晴れ当たれば
昼過ぎから歩いて旅に出よう
帰り道にトイレットペーパー
買って帰らなきゃな