前略、道の上より – 東京力車

咲きほこる花は 散るからこそに美しい
散った花片は 後は土へと遷るだけ
それならば一層斜めを見ずに
おてんとうさんを 仰いでみようか

海を潜るには 息を止めなきゃ潜れない
息を止めるのが いやなら海には入れない
海には海の世界があるし
そうして再び 潜らずにいられない

山を又登る 登り疲れてふと休む
辺りの景色が 心支えと又登る
微かに山の匂いを嗅いだ
それだけで人は 優しくなれる

波が続く様に 時の刻みも又続く
風も吹き止まぬ 時の刻みも打ち止まぬ
やれこれと返す事のべの中で
何が生きてゆく 証なんだろか