東京 – 東京初期衝動

眠れぬ夜は星を数えて
オレンジの列車 君の街に行く
旋律のようにまわる言葉が
東京の空を流れ消えて行く

なんだか君だけ幸せそうだネ
僕はネ 今でも思い出のままさ
風が手を繋いで季節を運んだ

あぁ今でも覚えてる
朝焼けに寄りかかった
あの頃の二人はもう
東京の街に消えた

夢の中さえ君を探して
サンプラザ頭上 流れる涙達

僕らは出会いと別れを繰り返し
いつかは他の誰かを愛すでしょう
風が手を繋いで季節を運んだ

あぁ今でも覚えてる
朝焼けに寄りかかった
あの頃の二人はもう
東京の街に消えた

明日が君を連れ去ってく

2人の声が光溶けて
朝焼けに2人頬を寄せて泣いた

行くあてのない東京で僕たちは

コメントを残す