イミフ – 村瀬紗英(NMB48)

耳の奥にきっと誰かいるんだ
時々 僕にそっと話しかけるよ
全部 応えてられないし 大抵 無視するけど
なぜか振り向く時もある

病気か 狂気か 正常
どれが 嘘で本当?
境界線 あやふやになって
不安になる
そこには 何にもないのに
見えて来るデジャビュかな
自分の中にも絶対
そう もう一人僕がいる

メンデルス メンデルス メンデルスなんだっけ?
(ふいに)頭を過(よぎ)った言葉
メンデルス メンデルス メンデルスゾーンか?
(どうして)その名前が浮かんだんだ?
(全く)脈絡なく(口から)出ていた
メンデルス メンデルス メンデルス 呪文
(浮遊)してるこの五文字には意味がある

風のせいか ただの軽い幻聴
どうして 君はそこに隠れてるんだ?
ちゃんと 出てくればいいのに なんだか水くさいな
なんか事情があるんだろ?

自分が他人に思える
僕は君を知らない
何人目の自分がいるのか
数えようか
確かに声だけするのに
誰もそこにはいない
想像上には ぼんやり
ほら 笑ってる君がいた

エンゲルか エンゲルか エンゲルなんとかだ
(なぜか)心で叫んだ記憶
エンゲルか エンゲルか エンゲル係数か?
(家計の)消費支出に占める食費
(比率が)低い方が(いいんだって)教わった
エンゲルか エンゲルか エンゲルか 経済
(記憶)してるこの断片は甘酸っぱい

今日まで生きて来た 喜び 悲しみも
そうさ ほとんどは忘れてしまうよ
すべては(すべては)無意味

メンデルス メンデルス メンデルスなんだっけ?
(ふいに)頭を過(よぎ)った言葉
メンデルス メンデルス メンデルスゾーンか?
(どうして)その名前が浮かんだんだ?
(全く)脈絡なく(口から)出ていた
メンデルス メンデルス メンデルス 呪文
(浮遊)してるこの五文字には意味がある

イミフ イミフ イミフ イミフ
イミフ イミフ イミフ イミフ
イミフ イミフ イミフ イミフ