風のたより – 村下孝蔵

久しぶり君から届いた手紙
潮の香りがしたよ
幸せに暮らして 生活(くらし)を守り
時をなぞっているね

雨が降れば傘の中で幼い子を抱いて
濡れぬように身体ごと
抱き締めているのか

晴れた日にはベランダから
眠る子揺らしながら
過ぎ去った陽炎を
眺めているのですか

久しぶり君から届いた手紙
潮の香りがしたよ
繰り返す日々に 何か見つけ
僕を想い続けてる

人は一人 生きてゆくと
つぶやいていた君は
夕凪の海に向かい
叫んでいて欲しいよ

東から西へ 南から北へ

久しぶり君から届いた手紙
潮の香りがしたよ
繰り返す日々に 何か見つけ
僕を想い続けてる

久しぶり君から届いた手紙
潮の香りがしたよ
潮の香りがしたよ

コメントを残す