夜明けの詩 – 村上智里

19で男の 言葉に抱かれて
心のすき間を あたためていたわ
季節はずれの 雪の中
ふるさと背にして 夢を見た
夜明けの 都会は
灰色の街

寂しさこらえて 強がってみても
むなしい思いは かくしきれない
嘘に染まった キズ跡に
わざとらしさが しみついた
夕闇の 街の灯も
雨に泣いてる

卒業写真に 想い出めぐらせる
あの頃あたしは むじゃきな笑顔
一度は咲いて 散る花も
季節が変われば よみがえる
もう一度 もう一度
夢を見させて