出船 – 村上幸子

今宵出船か お名残り惜しや
暗い波間に 雪が散る
船は見えねど 別れの小唄に
沖じゃ千鳥も 泣くぞいな

今鳴る汽笛は 出船の合図
無事で着いたら 便りをくれりゃ
暗いさみしい 灯影(ほかげ)の下(もと)で
涙ながらに 読もうもの