夢のかけら — 杏

こころはきみを見つめているのに
それだけじゃ届かないから
切なくて 苦しくて 零れる涙

静まりかえる部屋で一人きり
聞こえる星の囁き
キラキラと揺らめいて放つメロディ

本当に悲しいことはそう
きみがいなくなることより
きみを感じなくなること

もう一度 あの日のように笑ってよ
置き去りのままの約束 信じ続けて
私はここにいます
未来を抱きしめて

冬の星座も夏の朝焼けも
きみが隣にいたから
眩しくて愛しくて輝いていた

人はみな誰だって誰かにいつか
必要とされるの
あきらめないでね 奇跡を

遠い日をただよう夢の欠片たち
ひとつひとつ拾い集め
明日を描こう
見えない力 感じているよ
この胸に

この広い宇宙の片隅で出逢い
結び合えた絆 決して解けはしない
もう一度 あの日のように笑ってほしくて
ただ信じ続けるよ きみの強さを
私はここにいます
未来を抱きしめて