the days ~幸せをどうか~ – 杏子

華やいだ月日は流れて
和らいだ風 頬なでるだけ
この身の置き場が
見当たらないと
幻見つめ 呟いた
時間が癒してくれる
大丈夫 よくある話

終わりがあるから恋と
永遠ならば愛と
だれが言ったのか
思い出せもしないけど
漂うようにたどった
この静けさに祈るの
For you 幸せをどうか

躊躇えば立ち止まり遠ざかる
戸惑えば指をするりと抜け
最初から夢だと
知ってたけど
夢はまだ夢の色して
涙は夕闇うつし薄紫
渇れたはずなのに

終わりがあるから恋と
永遠ならば愛と
だれが言ったのか
思い出せもしないけど
彷徨いながら手繰った
この安らぎに祈るの
For you 幸せをどうか

終わりがあるから恋と
永遠ならば愛と
だれが言ったのか
思い出せもしないけど
彷徨いながら手繰った
この安らぎに祈るの
For you 幸せをどうか

コメントを残す