金色の時間 – 本田路津子

そよ風が窓掛けと
たわむれゆれている 午後の部屋
おしゃべりはもうやめて
あなたの肩先で 目を閉じる
時はサラサラとゆくわ
影が近寄るわ 部屋に
金色のこの時を
大事にしたいのよ二人して

レコードもいらないの
小鳥の唄だけが聴こえるわ
幸せな絵のように
二人はこのままで いたいのよ
愛のひとときはすぐに
消えてたそがれが 来るわ
金色のこの時を
大事にしたいのよ二人して