泥だらけの勲章 – 木川尚紀

心に広がる 果てない荒野
たがやして ゆくことが 人生だから
意地っ張りを つらぬいて
からっ風の 胸の中
涙の種を まくのさ
いつの日か 花になる 夢を抱いて
泥だらけ 傷だらけ それが男の勲章さ

泥水のんでも 汚(よご)れやしない
まっ白な 心意気 それだけが全て
土砂降りの 嵐でも
ひび割れの 日照りでも
命の種は 枯れない
いつの日か 実を結ぶ 夢を抱いて
泥だらけ 傷だらけ それが男の勲章さ

いつの日か 実を結ぶ 夢を抱いて
泥だらけ 傷だらけ それが男の勲章さ