ともしび – 木山裕策

夜霧のかなたへ 別れを告げ
雄々(おお)しき男子(ますらお) 出(い)でて行く
窓辺にまたたく ともしびに
つきせぬ乙女の 愛のかげ

戦いに結ぶ 誓いの友
されど忘れえぬ 心の町
思い出の姿 今も胸に
いとしの乙女よ 祖国の灯(ひ)よ

やさしき乙女の 清き思い
海山はるかに へだつとも
二つの心に 赤く燃ゆる
こがねのともしび 永遠(とわ)に消えず