Timeless Fortune – 有坂美香

明日へと続く道は
何処から来て 何処に還る?
彷徨い立ち尽くせば
運命ごと囚われて

欠けたままの心が瞳閉ざすけど
確かに伸ばす手に 生まれ変わる未来

通り過ぎた記憶の中 君の僅かな温もりに触れた
届かなくて掴めなくて それでも守りたくて
熱く胸に喚び起こされるのは儚く
ただ眩しい 君の面影だけ

答えを捜す旅は
終わりもなく また始まる
重ねる時間の果て
残せるもの あるのなら

失くせばまた 遠く歪む幻でも
遥かな星のように 光を散りばめて

巡り逢えた空虚の中 君の懐かしい声が聞こえた
現実さえ曖昧でも それだけ信じたくて
たとえ辿り着く先が闇に呑まれても
手繰り寄せる 君が消えないように

どうか叶うのなら 優しい夜明けを君と

通り過ぎた記憶の中 君の僅かな温もりに触れた
届かなくて掴めなくて それでも守りたくて
もしも世界中が敵にまわるとしても
諦めない 君に想いと願い 繋げて 嗚呼―――