海になって – 春ねむり

ふかしたたばこの向こう側 煙っちゃった夜をやり過ごす
きみの顔は見えない 息もできないくらい吹きつけた熱風で
焼けただれたぼくら
かりそめの生命線を引き延ばしてまぼろしみたいな天国に
引きこもっていたんだ ずっと

きみの永遠になりたいな 間違いだっていいからさ
なんてくすんだ青春ごっこで羽根が抜けおちた 夜

つないだ小指の約束は ぼくがだめにするたび降りつもる
きみの顔は見えない
息もできないくらい 失ってた数のぶんだけ殺してよ
なんて思ってごめんね ごめんね

きみの永遠になりたいな 間違いだっていいからさ
なんてふざけた青春ごっこで羽根が抜けおちた

ぼくはねむりたくてもねむれない病気 あの日眼を開けてしまったから
ただれた地平線まで抱きしめて 魔法なんてつかえなくてもいい

真っ白。だから。

海になって

愛と知った なにもかもは とりこぼした きみのすべて
それでもぼくは きみを生かす 海になって 海になって 海になって