愛よりたしかなものなんてない – 春ねむり

ぼくのぜんぶをくれてやる
こころのひとかけらにしてくれよ
きみがあの電車に乗るための
こころのひとかけらにしてくれよ

産まれたてみたいに泣いてた ロックンロールがぼくを愛してくれた日は
陽ざしのうつくしい春だった
ぼくが在ること きみが在ること 考えること ねむること
この星すべてがただ祝福だった
それは新しい春だった

いのちを燃やして花を咲かせるよ きみのひとみにねむる愛のうた
あふれだして止まんないんだ
産み落とされたあのときみたいに

愛よりたしかなものなんてない

ぼくのぜんぶをくれてやる
こころのひとかけらにしてくれよ
きみがあの電車に乗るための
こころのひとかけらにしてくれよ
エブリシング イズ マイ ワールド
エブリシング イズ ユア ワールド

産まれたてみたいに泣いてた きみがせかいを見失った夜も
せかいは終わらない 生きている限り終わらない
ぼくが在ること きみが在ること 考えること ねむること
この星すべてがただ祝福だから
きみが新しい愛だから

愛よりたしかなものなんてない

ぼくのぜんぶをくれてやる
こころのひとかけらにしてくれよ
きみがあの電車に乗るための
こころのひとかけらにしてくれよ
エブリシング イズ マイ ワールド
エブリシング イズ ユア ワールド