Stellar Stellar – 星街すいせい

だって僕は星だから
Stellar Stellar

きっと君はもう気づいていた
僕の心の奥で描いた それがこれから話す陳腐なモノローグさ

──ずっと言えない言葉があった
壊せない壁があったんだ ずっとさ

ふっと香り立つ朝の匂いが
どうしようもなく憎らしくて
部屋の隅で膝を抱えて震えていた

太陽なんていらないから
明けないでいて──

その手を伸ばして 誰かに届くように
僕だって君と同じ 特別なんかじゃないから

そうさ僕は夜を歌うよ Stellar Stellar
ありったけの輝きで 今宵音楽はずっとずっと止まない

そうだ僕がずっとなりたかったのは
待ってるシンデレラじゃないさ
迎えに行く王子様だ
だって僕は星だから

なんて、ありふれた話なんだ
理想だけ書き連ねていた ノートの隅に眠るほんのワンシーンだ

──きっとあの星も泣いてるんだ
明日なんて来ないままでいて──

その手を伸ばして 誰かに届くように
本当に大切なものは目に見えないみたいなんだ

そうさ僕は夜を歌うよ Stellar Stellar
ありのまま考えないで 今宵音楽はきっときっと止まない

そうだ僕がずっとなりたかったのは
あえかなヒロインじゃないさ
救いに行くヒーローだ

夢見がちなおとぎ話 おとぎ話

そうさ僕は夜を歌うよ Stellar Stellar
ありったけの輝きで 今宵音楽はずっとずっと止まない

そうさ僕は愛を歌うよ Stellar Stellar
世界、宇宙の真ん中で 今宵音楽はきっときっと止まない

そうだ僕がずっとなりたかったのは
待ってるシンデレラじゃないさ
迎えに行く王子様だ
だって僕は星だから

そうだ僕は星だった
Stellar Stellar