気楽にやりましょ – 明石国行・御手杵・篭手切江

「まあ、ええんですけど。やる気無いんは自分も同じやさかい。
似たもん同士、仲良やりましょ」
「…俺が、不甲斐ない?」

ちゃいますのん?
御手杵はん
かつての主 目の前にして

「芋引いとるように見えたんですけど」
「…」
「明石さん、そんな言い方…」

同じですわ
篭手切はん
あのときなんで 止めはったん?

「そ、それは…」
「ま、ええんと違いますか?」

気楽にやりましょ
そりゃありますやろ 誰にでも
秘密のひとつやふたつ
みっつやよっつ
いつつやむっつ
ななつややっつ…

「…明石の言う通りだ」
「まぁ、しゃーないですなぁ」
「…不甲斐ない」
「あ、そっちで」
「…確かに」
「篭手切はんまで」

気楽にいきましょ
真面目過ぎは 疲れますやろ?
えろう骨折れますやろ?
やろ? やろ?

考えることと 悩むこと
ごっちゃにしたらあきまへん
混ぜたら危険ってやつですわ
失敗は失敗