戦友が死んだ日に あいつが好きだった唄を肴に たむけの杯あいつは何に向かい そのたび何を守りそして何を賭けて 何を残そうとしたのかもう 聞くことなど できないけれど 戦友が死んだ日に 星が滲んでいた戦友が死んだ日に オレは生きてる 風が止まる夜 ズシリと受け取った秘密肴に たむけの杯あいつは何を抱いて そのたび何に迷いそして何を見つけ 何を刻もうとしたのかあぁ 聞けなくても 分かっているさ 戦友が死んだ