meridian – 日食なつこ

「明けない夜はない」
という高々掲げられた声
夜の闇に守られる誰かを震え上がらせる
ひやりと日差しが陰ったどこかに
人目を忍んでは泣く場所が欲しい

meridian 光が空に満ちた日
それを望んではいなかった誰かの絶望
忘れるな 忘れるな 光を称えた君よ
忘れるな 私のことを

雲ひとつも残さない仰々しく染まった空
隠れ場所を見失い溶けた嘆き 今は見ない
迫る朝焼けに手を突き出して
何かを叫んだ君 何を止めようとしたんだ

meridian 痛みは知られたくはない
それを隠したただひとつの場所も今はもう
光だけ 光だけが満ち足りて近づけない
希望だけじゃ生きてゆかれないよ

meridian 光が空に満ちた日
それを望んではいなかった誰かの絶望
消えるのか さよならだ 光に呑まれた君よ
さよならだ 闇の私と

コメントを残す