手を伸ばせば届く未来がある夢中で追いかけよう 君という恋つかむまで 新しい春の陽を胸に浴びたグラウンド 君を見つけた君の言葉ひとつだけで なぜか 心が苦しい時もある ひとを好きになるって 不思議だよね君が笑うたび ほら 恋に落ちてく 手を伸ばせば 届く未来があるグランドスラムみたいに あの壁を越えていつまでも どこまでも 走りたい夢中で追いかけよう 君という恋つかむまで 街を通りすぎるひとを見ると 背伸び
星が眠る頃 小さな灯台へたどり着いた波が聞こえてる 眠い目をこすり 東の遠い空明るくなるのを待つよ 夜明けを見た 君のまなざしが眩しそうに『キレイだね』と囁いた いつか君に見せたいと思っていたよアクアマリンの風が生まれる場所を きっと誰でも守りたい人ができたら強くなれるさ そして僕は胸に勇気を抱きしめる 帰り道で ふと触れあう指と指思わず立ち止まったよ この気持ちを 伝えるためにはまだ時間が足りないけど いつ