snow drop – 新谷良子

夢に見るscene あの時のdear
あれから 何度も 季節はめぐって
音もなく 降り積もる
想いの分だけ ふたりは繋がるはずと
手を伸ばしても溶けて消えてくけど…

ねぇどうして 触れれば触れるほど
ぬくもりほどけてく キミがにじんでく
てのひらに残ったコトバだけ
覚えてたくないのに 忘れられないのは…なぜ?

夢に見たscene キミの声tear
僕らが選んで 歩いていた道
気がつけば そこはただ
輝きなくして 埋もれて見えなくなった
かけらひとつも 残してはくれずに…

目の前でキミはそっと笑ってた
あの日の僕はただ ココロ閉ざして
届かない想いを抱きしめて
僕は歌い続ける 白い闇の中で
囁くように 叫ぶように
舞い散るように…
彼方に溶けてく願い どこへ…?

てのひらに残った言葉だけ
覚えてたくないのに 胸にsnow drop
届かない想いを抱きしめて
僕は歌い続ける 白い闇の中で…ずっと

音がなくても…

想い出は 儚くて
このまま そのまま ココロに飾るの
この想い 雪に溶けて
一緒に 一緒に 流れて散りゆけ…

コメントを残す