Blooming Line – 新谷良子

向けられた微笑み すがってしまいそうになる
ふいに恋しさ舞い降りてゆく
芽を出しそうな思いを 風に流そうとした
同じ歩幅で歩いてくために

秘めたつぼみが 育ってく前に
瞳閉じれば ひとしずく切ないだけ

淡い色の思い出を フレームにおさめたなら
永遠にきれいなままだろう
涼しい顔して 摘み取ってしまえば
揺れ惑うこともない

でも
君はそのままで生きてくの?
ほんとの思いから逃げることは全てを捨てたってことにならないかな
飛び立って 探し出して 確かなその声を
この手に 掴めばいい

気付けばいつのまにか 咲いた一輪の花
密やかに夜明けを待っている
左胸の奥を 覆い隠そうとした
またひとつ実をつけてく前に

ひらりと落ちた その花びらは
水面に浮かび 水際ざわめかせてく

寄せる 波に 揺れる 鼓動
ひとつ ふたつ 強く 深く
出口を求めて 眠りから醒める
息を吹き返してく


胸を溢れてく声がある
ほんとの夢を抱きつづけてゆくことは 勇気がきっと要ることなんだ
誰だって 同じだって お願い前を向いて
その声 照らしてゆこう

ひとひら
ひとひら
つもるつもる
花びら 空に 舞い上がってゆく

君はそのままで生きてくの?
ほんとの思いから逃げることは全てを捨てたってことにならないかな
失って 解き放って 最後に残るのは
明日へ 踏み出す君

向けられた微笑みに まっすぐ向き合おう
今 同じ歩幅で歩きたいから

コメントを残す