雨のスリーコード – 新谷良子

カーディガンを きみのソファーに
忘れたのに どしゃ降りの雨
知らん顔で ケンカの途中
わたしを 追ってもこない

真剣に 生涯孤独な気分よ
真剣な 愛がおもたいというのは
信じない 正真正銘うそでしょ
本当は 求めてるはず

折れてる心のまま
折れてる傘を捨てた
ずぶぬれ 楽しげなふりをするの

雨模様・恋模様・やむもよう
さよならナミダよ
つくりかけで 止められた
廃墟の故意も 洗われてゆく
この雨も・その夢も・わがままも 激しいrefrain
好きすぎるよ!ふさげない耳

カーディガンは きみの視界に
ふんわりって 抜け殻のように
知らん顔も できなくなって
途方にくれたらいいよ

最高に 暖かいわけでもないし
最高に おしゃれなものでもないけど
最高に ありふれてる愛のカタチ
優しく 背中にかけて

たくさんの 雨の粒に
ぜんぶが 閉じ込められて
ひとつになりたいと近づいた

夢みる・信じてる。進んでく
わたしのスリーコード
水たまりを はねあげる
混乱のノイズに 足音、待って
ためしたい・からみたい・すくいたい
泣くだけ泣いたら 浄化された 透明な水

いっこが大きくなって
一気に流れ落ちた
今は ひとつでいる気がしてる

雨模様・恋模様・やむもよう
さよならナミダよ
つくりかけで 止められた
廃墟の故意も 洗われてゆく
この雨も・その夢も・わがままも 激しいrefrain
好きすぎるよ!笑うしかない

コメントを残す