風のモノローグ – 新居昭乃

流れ去る 想い出を
その胸に秘めて

黄昏の地平線
振り返る兵士

人は何故 悪戯に
傷つけあうのか

永遠に 繰り返す
戦いのモノローグ

優しい 誰かの胸で
短い 夢を見た朝

今では 戻らない幻
いつまでも忘れない

夢の行方 青い海に尋ねて
歩き出そう
風の歌に耳を澄まして

凍てついた 夜明けには
こごえた瞳に

忘れえぬ 微笑みが
よみがえるのだろう

人は何故 いつの日も
愛を求めあう

胸を刺すその痛み
優しさに変えながら

答えは誰も知らない
いつでも 迷い続ける
孤独な 旅の終りに今
安らぎに抱かれても

夢の行方 空の鳥に尋ねて
茜色に この心まで染めながら

遠い道を 消えた愛を探して
歩き出そう
風の歌に耳を澄まして