永遠の涙 – 新居昭乃

痩せた天地を振り向く
予言者が歴史(とき)を哀しむ
二つの瞳と二つの耳で
なぜ未来をみないか、と

蒼い星座は輝く
人々の罪を背負って
生命があふれる心の中に
また夜明けを捧げてる

美しい人よ行かないで
百年の先で逢いたいけれど
私は一人きりの
永遠の旅

空は孤独を夢見て
近づいた夜を振り切る
地上にただようガラスの海は
また炎を吹き上げる

新しい人よ泣かないで
千年を超えて待ち受けていた
涙を口にしたときに
ありふれた日々を取り上げられた
私は一人きりの
永遠の旅