少年の羽 – 新居昭乃

すきとおる羽のような
君の夢が ほら
蒼い空のかなたへ
すいこまれるよ

君が知らなくても
風が知っている
光る雲の果ての
いつか行く場所を

まだ小さなその手に
未来からの贈りもの
それは静かな願い
とおいとおい物語
だけどかならず叶う
君が今 そこにいるかぎり

少し無口になって
見上げる太陽
君の目には
見えない星が輝く

君が知らなくても
風が知っている
どんな悪いことも
きっと終わるから

まだ小さなその羽
でも信じて 飛べること
胸に抱いた願い
そっとそっと充ちていく
そしていつかは叶う
前をみて 歩いていく限り