ベルデセルバ戦記 – 新居昭乃

流れる 風と雲が夕陽に向かってゆく この星の向こうまで
誰もが 同じことを願い続けてるのに なぜ人は戦う

星空に 映る飛空船から 優しさが 運びさられてく

祈っても 叫んでも せつなくて
遠くなる 星の夢 つたえたい
惹かれてく 正しさに 辿り着く 答えなんて 無くて

静かに 祈る事と見守る事だけしか 私には出来ない
それぞれの 想い動き始める この星を 一つにするため

とまどいや 憎しみが 悲しくて
伝えても 届かない 星の夢
声にして 囁いた 願いさえ 消え始めて ゆくよ

祈っても 叫んでも せつなくて
遠くなる 星の夢 伝えたい
惹かれてく 正しさに たどり着く 答えなんて 無くて