お前とならば何処までも草の屋根 竹の柱の中までもどこいとやせぬ 竹の柱はまだおろか手鍋さげ九尺ニ間の長屋でもどこいとやせぬ 手鍋さげるはまだおろか玄海のさかまく怒涛の中までもどこいとやせぬ 玄海灘はまだおろかシベリアの雪や吹雪の中までもどこいとやせぬ シベリア吹雪はまだおろか太平洋 水やつららの中までもどこいとやせぬ 太平洋はまだおろかヒマラヤの鳥も通わぬうみまでもどこいとやせぬ ヒマラヤ山はまだおろかアラビ