ワンピース – 斉藤朱夏

例えるならハードル走
残り時間はあと何秒
あと何回飛び越えて 何メートル走れば
辿り着く 夢のゴールへ

まだ見えぬ突破口
もしかしてどこにも無いの
じゃあこじ開けてみよう 当たって砕けろ
砕けるつもりはないけど

ボロボロのワンピースだって
信じればヒーロースーツさ
スペシャルパワーなんてないけど
次のステージへ ステージへ
行こうよ 行こうよ

天才なんかじゃないし 才能もないし
だから汗と涙をシャワーに流し
大丈夫 私を見てる君がいる
それだけで足は動く
ワンピース揺らし コンバース鳴らし
転んでもそれはそれでいとをかし
大団円にはまだ距離があるけど
走り続けるよ まっすぐに まっすぐに

何度目かの限界点
その度に泣きじゃくって
あと何回繰り返すかな もしかしてずっとかな
それも私らしいかもな

ひとつ夢が叶えば
次の夢が待ってる
欲張りでも ねえ許してよ
次の景色へ 景色へ
行こうよ 行こうよ

天才なんかじゃないし 才能もないし
だからマイクに向かい声を枯らし
大丈夫 君を見てる私がいる
伝わるまで歌うよ
ワンピース揺らし コンパスは無し
地図にある場所なんて興味は無いし
大胆不敵と笑うなら笑うがいい
走り続けるよ まっすぐに まっすぐに

特別な力は無くても
鳴らしたい音がある
心動かせばメロディーに
揺らせばリズムに
重ねればハーモニー
そんな風に歌いたい

天才なんかじゃないし 才能もないし
だから汗と涙をシャワーに流し
大丈夫 私を見てる君がいる
それだけで足は動く
ワンピース揺らし コンバース鳴らし
転んでもそれはそれでいとをかし
大団円にはまだ距離があるけど
走り続けるよ まっすぐに まっすぐに