猫の毛 – 斉藤和義

君に恋をした 稲妻が光り
僕の闇を連れ去っていった
あの時の気持ち
今も覚えてる
分かりづらいかもしれないけど

虚しいだとか 切ないだとか
風、強く吹いても
飛ばされないたぶん二人なら

このまま旅を続けよう
シャツには猫の毛付けたまま
答えより 隣がどうとかより
このままずっと一緒にいたいよ

寂しいだとか 憎らしいとか
道、曲がりくねっても
それもなんだか面白そう

このまま旅を続けよう
シャツには猫の毛付けたまま
答えより 昨日がどうとかより
このままずっと一緒にいようよ

何処にも辿り着かなくても