僕をうずめて — 斉藤和義

僕をうずめて君を聞きたい
乾いた部屋もすぐに潤うさ
明かりを消して音楽を眺めて
僕が僕らになれる日を願う夜

君に生まれる退屈を
僕がうずめてみたいのさ

小さな寝息が腕の中こぼれたら
起こさないようにたばこに火をつける

君の乾きを僕でうめたい
つらい涙はのんであげたいよ
消えそうな星を珍しく眺めたよ
ほかの誰かに永遠は求めない

眠れぬ夜がやって来る
君に助けてほしいのさ

消えそうな星を珍しく眺めたよ
ほかの誰かに永遠は求めない
永遠は求めない