みみみみっつ ピアスあけておくちはふくよかなタラコ唇手足はスラリと伸びておメメパッチリの可愛い娘ちゃん yeah 名前はまだついてないみんないろいろ呼んでくれてるのやがてくるその日までベッドの上で仰向け いい娘ちゃん 運命の人が現れた時にすてきな名前 つけてもらうの 時々夢の中で会うちょっといかしたナイスガイおっきな手 短い髪笑うとなくなっちゃうくらい細い目 運命の人と勝手に決めつけて色白頬を赤く染めてる ななしのお
群青に辿りついた空が少しずつ明日へ傾いてく カーテンの隙間から見ていたらあのこの犬ものぼってくとこ 千年も繰り返されたけど私は今でもわからない 赤い星 まだ眠れないの怖い夢 見るのが嫌なの 迷路みたい この街の中では自分のことだけで精一杯 どうしても傷つけしまうからサヨナラをする涙でいっぱい 赤い星 目印にして歩いてく そしたらまた会える 赤い星 まだ眠れないの?怖い夢 見るのが嫌なの?
形のない想いを君にただ見せたくて言葉じゃもう追いつかないだから今 抱きしめた 歪めてしまわないで どうか 君はそのままでいて汚れて消えるものがいっぱい ありすぎる中 きれいな君その指から 生まれる嫋やかなメロディくちずさめば ただの僕も 優しくなれる気がしたよだから僕は忘れない 痛みのない場所までまだ少し歩かなくちゃ不確かな道だよそれでもね 歩かなくちゃ 誰でも本当は一人で 始めも終わりもずっとそれでも僕は君に会って 確かめ
お花が咲いたよ どれどれ風が渡るよ どれどれ本当のことは どれどれ僕を動かす好奇心新しい光が 心をノックしてゆっくり目覚める 1日が始まる広い広い空の下僕ら生まれて生きる長い長いこの道も口笛ふきつつ ひばりが鳴いたよ どれどれ夕焼け染まるよ どれどれ大切なことは どれどれ僕を動かす好奇心変わらない光を 心に灯してゆっくり夢見る まだ見ぬその向こうの遠い遠い空の下誰か生まれて生きる強い想い抱きしめて涙
少し前を 歩いている 誰にも似ていない後ろ姿いつも通りお茶を買って アパートまで続く坂を上って降り返った君が指さしていた 夕焼けと東京がきれいだった 特別じゃない 日々の途中特別なこと 思いついた 夢を見よう 恋をしよう汗をかいて ちゃんと食べて うんと眠ろうソイトゲヨウ ソイトゲヨウ woo優しくしよう けんかもしよう 手をつなごう ふたりで yeah yeah 君じゃないと 死んじゃうなんて まさかそ
涙の奥に ゆらぐほほえみは時の始めからの 世界の約束 いまは一人でも二人の昨日から今日は生まれきらめく初めて会った日のように 思い出のうちにあなたはいないそよかぜとなって頬に触れてくる 木漏れ日の午後の 別れのあとも決して終わらない 世界の約束 いまは一人でも明日は限りないあなたが教えてくれた夜にひそむやさしさ 思い出のうちにあなたはいないせせらぎの歌に この空の色に花の香りに いつまでも生きて
あのひとの ママに会うために今、ひとり 列車に乗ったの たそがれせまる 街並や 車の流れ横目で追い越して あのひとは もう気づくころよバスルームに ルージュの伝言 浮気な恋を はやくあきらめないかぎり家には帰らない 不安な気持ちを残したまま街はDing-Dong遠ざかってゆくわ明日の朝 ママから電話でしかってもらうわ My Darling! あのひとは あわててるころよバスルームに ルージュの伝言 てあたりしだ
あした浜辺を さまよえば昔のことぞ 忍ばるる風の音よ 雲のさまよ寄する波も 貝の色も ゆうべ浜辺を もとおれば昔の人ぞ 忍ばるる寄する波よ 返す波よ月の色も 星のかげも はやちたちまち 波を吹き赤裳のすそぞ ぬれもせじやみし我は すべていえて浜辺の真砂 まなごいまは