川沿いは遠回りだったけど 君はこの道が好きだったね心のその片隅 風が吹き抜けて 水面(みなも)がキラキラしてる 器用なタイプじゃないし 説明がうまくない僕だったからホントの気持ち ちゃんと伝わらなかったかも大事な関係なのに 一度離れた方がいいなんてなぜ言ったのか 君を傷つけちゃってごめん 一人になって 考えてみたよ 僕が間違ってたんだ元に戻りたい どうすればいいの なんて情けない男 川沿いを何度歩いただ
君がいない世界は光を失ってしまった僕には 何ももう見えないよ暗闇が広がるだけ でも瞼を閉じてみれば今も浮かぶ2人の日々この手をそっと伸ばしたくなる微笑む君に… 会いたいよ会いたいよ涙が溢れて止まらない会いたいよ叫んでみても声にならないもう一度だけ会いたい これから僕は一人誰のために生きればいい?この手で二度と抱けないんだよ愛する君を… 会いたいよ会いたいよ心が壊れてしまったよ会いたいよ君のすべてが忘れられ
なぜ 突然歩道橋の途中で足が止まったんだろうこの風景はいつもとそう変わってないのに今日は違ったんだ あの頃の君を送って何度かここでキスをして沈む夕焼けの早さに僕たちは ただ見つめ合った 忘れたいって思うことだけがいつだって気になってるんだだから ふいに君のことだって思い出すのさ愛は Bookmark 久しぶりにこの手すりに 凭(もた)れて僕は遠くを眺めたああ あんなビル あそこにねえ あったっけ 邪魔だね