お金を出してくれた人は 幸せになれると風の噂で 疑わず 買いましたもともと持ってる幸せが 迷惑を買って初めて気づく感謝の気持ちを心から さあさみんなで歌いましょ所さん ありがとう ハイ 所さん ありがとうみんなに幸せありがとう ハッ みんなに幸せありがとうもう一枚CD買おうかな ハイ もう一枚CD買おうかな またの機会が来る日まで 所さん ありがとう ハイ 所さん ありがとうみんなに幸せありがとう サ
Wa~やってない Ah~開いてない もともと事前に確かめていやしないWo~何もない Yha~情けない 気持ちが良かっただけで動き出したからキッカケみつけただけの事 面白くなってきて いるじゃないか Oh~ここじゃない So~浮いてない 見失っている今がタイムトラベルさっきの事が 今追いつき まわりだけが目的に向うような予定が未来の邪魔をして 調和が過去をくくり つくり出した Wa~やってない Ah~開
ガソリンを入れて出かけるのアクセルをあおれば 爆発しそうなやっとのセルモーター くすぶるキャブに死にそうなプラグ音だけの唸り続けるガソリンポンプ 忘れた頃に回り出した ファンのスイッチ戻せばセルが少し 「待ってました!!」ってヨー ガソリンを入れて出かけるの死んだプラグ忘れてくしゃみしたまま やっとの400回転 微妙なのりしろ アクセルの踏みしろパツンと止まる 臭うエアークリーナーの煙 二度とかかるはずがない
雪だるま 雪だるままわしげりくれたら ねころんだ雪だるまって まんまるい雪だる ま雪だるまニードロップくれたら つぶれちまった雪だるまって かわいいな しも柱 しも柱朝ひえこんだのは しもかしらしもの話で恐縮ですがしもしも もしもし 今晩は下北半島に しもがきたしも柱 しも柱はまぐりの中には貝柱おちゃわんの中には 茶柱 春さき 天気がよくなって氷が一枚流れ出し1枚が2枚 2枚が4枚 4枚が8枚 8枚が
働く場所がないのに勤労感謝の日 働きたくても 休日休日いがみあいは 終らないのに 文化の日 それをテレビで見ているのも文化休日が 我先の人達で 並んでいる 普段着につつまれ休みの終わりに ため息をつく予約をした 人たちの 休日の国 OFFにしたスイッチはショートして窓は閉めておきなさいと 同じコンディション節約は地球などと言いだしたお金の為でしょうゆとりとは 働いた あまりもの 限られてる ひと休
暑い陽ざしに葉っぱもやけて 夕立を待つ枯れそなトマト僕の夏は春先の頃 重なりはじめたと ひとりごと赤トンボ雲にかくれ ひぐらし遠くで夏のはじめのつややかな日々を もう来年まで待とう 僕の夏は終わりに近く これからでしょうとヘチマのつるがいきおいあまってあてもないのに 風にゆれては空に向う黄色い花はいくつあるの そんなに食べないよう夏の終わりのつまらない午後に そう 水まきでもしよう テレビはいまだに戦
真白いベンツのスポーツタイプは今なら似合うぜ オイラにピカピカ新車を手に入れる頃はオイラの頭もピカピカさ残った髪の毛 なびかせてすんごいですね すんごいですね すんごいですねスゴイデスネー サーフィンボードはオイラの命さ誰にも乗らせはしない車の上にガッチリ縛ってボルトとナットで完璧さ盗まれもしなきゃ はずせもしないすんごいですね すんごいですね すんごいですねスゴイデスネー おなかはゴロゴロ おしりは
いかした車はハイブリッドエンジンコンピュータ制御のインジェクションシートベルトロックオン 事故など気にせず走れます保険があなたを守ります… 地球にやさしい へんちくりんなこの車煙も出ません 見えない感じのいい感じガソリンちょっと入れて 動かぬ高速で みんなでウッスラ死んでゆく 最高の車はハイブリッドエンジンリモコン電波のオートマチックエアコン標準装備です エコカー減税お買い得燃費がよいのでなにかと車…
海鳥の声もとぎれて 船の波の音さえもあなたを見つめた 横顔に消えてやさしさばかりで包んで さみしくなるのは どこかあなたが遠くに いる人のようで 二人はどこに行くの 遊びのはずの大人の恋でした捨てたいはずの思い出に追われて 泣いているよな 海峡 あなたが求めた私は 涙ぐんでいる 今の横顔みつめて いる人じゃないわ海の色が深くなるよに 心の奥からにじむあなたは本当は もどれない だけど 愛しているのだから
私は誰だ 私は誰だァ だァしがらみを越えて大人たちにィィ個人の権利を 主張しちゃう自由がこんがらがって 膨張しちゃう私は誰だ ダーレダァMANエイヤー(誰だ)エイヤー(誰だ)さーすらおう F10ライダー 私は誰だ 私は誰だァ だァ契約や利権の大人たちにィィその場のとっぱらいで 満足しちゃうのりしろくっっつけずに グラグラしてる私は誰だ ダーレダァMANキックだ(誰だ)パンチだ(誰だ)月を越えてGOG
モンゴル モンゴル ネンガラネンジュウトウザイナンボク アッチー コッチー 夜牧ヤギしめて食べましょ メェ~メェ~ 陽が沈み 暗やみ泣く子はいねぇかと子守唄 ラーラバイ ハーラバイ 遠のく意識と風の音チンコチベットちぢむよな 夜はきびしい モンゴル モンゴル ボンクレ正月ドングリコロコロ ボンゴレ 天プラ さしみ夢見て寝ましょう メェ~メェ~ 朝陽あび 日とともに母さん徹夜でジュウタン編んでた ラーラバイ 
タマゴ焼き ゆでタマゴ 目玉焼きおいしい産んでも産んでも食べちゃうんだ うんだ うんだ うんだ (コケコッコー) ニワトリは飛んでいかない タマゴ落とし コッコッコ コッコッココンドルが飛んでいても それは知らない コッコッコ コッコッコ青空見るだけ とうもろこし突付くのをやめて何かに気づいたような…ニワトリは3歩あるき 首をひねり コッコッコ コッコッコ ニワトリは飛んでいかない タマゴ落とし コッ
親にもろうた 畑に立てば 兄きゃ嫁御と草むしり自然農法 やるにはやるが 虫も農業もどっちもヤダと言う 男のキュウリ ぐるぐる曲がろが虫食おうが 気にすまい市場の人よ 夕焼け雲に明日を向えに行かないか 農家をかついでくれないか 大量のキャベツ となりもたくさん採れたようで どこかしこ安値の先は ほかせとぬかす採れなきゃ採れねで水のんで 採れたら採れたで泥なめて 機械買いたや 中古も買えず 洗う軍手も使える
燃やせ燃やせや 燃やせ燃やせや燃やせ燃やせや 燃やせ燃やせや せやせやせやせや ハァ~~~~~ ~~~~~ 出しの命を閉じ込める 男燃やした鰹節黒潮に乗って 波を乗り越え鰹節薩摩紀州や 土佐の高知 一本勝負 燃やせ燃やせや 燃やせ燃やせや燃やせ燃やせや 燃やせ燃やせや せやせやせやせや ハァ~~~~~ ~~~~~ うなる竿から投げ込んだ 海を持ち上げ鰹節ドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエン酸動脈硬化や貧血
ひとまちがい おもわせぶり遊びがルールとこちらが決めていた はずなのにさみしくないかと まともに受けたら商売なのよと言い出した横から 涙が 東京のネオンにじませ 私だけのやさしい人夢を見ましょ せめて朝まで… きっとあなたは いい人だから 悪い私の思い通りにひとまちがい ひとまちがい つかみかけて 届いたよなこちらの気持ちばかり空回りして いるようなお互い様 忘れましょう楽しい時間が重くなるのが 怖いか
つづく雨に頬づえ突いて 実るエンドウ豆に 5月も終わり知らず生れたトマトの茎に 添え木立てなければと6月 空は虹をかけて 明日へ希望とつなぐような雨あがりだ 顔ふき終る頃 つづく雨が心の中で 君に何をすればと ひと息つかせて知らず過ぎた幸せかぞえ 付け加えられもせず7月 雲は白く浮かび ひとつぐらいはいかがでしょと青い空だ 顔ふき終る頃 つづく雨はウソのように 今日もまた晴れたネと 早起きですネいつも通り
(どーなってんだいったい?ん?) 農業やっても儲かんネェから 悪さもしたくはなるはなにも儲けたくって始めた事でもないがあまりにも ひどいじゃないか土から人の口に入れるものを作るんだも少し金になってもいいんじゃないかネ 牛じゃなくても何でもいいよ 肉なり鳥でもいいよそこにブランド付けたら飛ぶよに売れたあまりにも ひどいじゃないか悪魔に心まで売り渡したネ ニコニコで掴んだお金ででっけぇお墓つくんだ ガードレ
いつまでも君を子供のように 感じたいと月日は流れ(もう戻りようがありません)今この日をむかえて大人になる 君を見送ろう (どうしても行くのなら)本当にお嫁に行くだなんて あんな奴のどこに惹かれて (何がいいんですか)こんな奴もやがて親になると 自分の事を重ねたら うれしくて うれしくて 言葉じゃなんて言っていいか 分からないあなたの涙を見ていたら いい人に会えたんだネと 泣きました (セリフ)ハイッ そ
あの娘の 心の中に 運んでみせる邪魔にならない程度の僕にあの娘の 笑顔の横に いつも居てみせる気持ち悪くない程度の距離で 好きと気が付かれないよに そっと興味示さないと思われない 程度に あの娘の心の中を そよ風ぐらい弱い 邪魔にならない程度の僕で 嬉しいってバレバレの顔じゃ もてるはずもないヨネ出来る限りキリッとしてみますネコーヒーいくらでも飲みます 時が進まないから気が付けばケーキぐらい挟まなきゃ で
言葉にならない 愛を目の前に伝えられるかな 涙をガマンの変な顔喜びの頂上が ここだと知らずにあわてたのでしょ素敵な言葉があるはずなのに すてきな言葉は愛にうまる 言葉にできない 愛が込み上げて泣くのはどうでしょう どこかで見たようになるものと喜びの行く先が 回って心をなでつけたので素敵な言葉をかけるはずが すてきな言葉は愛にうまる 言葉を並べて 愛のその中で組み立てましょう 用意もしたのに足りないね喜
ラクダの背中に乗って 両手に石油を持ってお買いなさい我が国の魔法の水をお目にとめるスポンジ たわしの柄 ポリバケツ 各種洗剤買わなきゃお掃除できないゾおそろしやラクダの商人 ゾウキンしぼるの冷たかろ ラクダの背中に乗って ヒトコブラクダをつれてお乗りなさい我が国のヒトコブラクダお目にとめるフタコブラクダより乗りづらい コブがひとつだ乗れるとラクダは楽ダやかましいラクダの商人 フタコブラクダはゆずらない ラクダの背中に
今日 彼女と映画を見に行く約束だから当然 花火を見にゆく事にします上に 飛んでくはずの花火が横に倒れ喜劇によくあるように 当然僕らに飛んでくる危ないと思って彼女を見れば 浴衣をめくってガニ股で逃げてく醜い女の生命力が小さな黒い点になるその後を ミサイルの如く追い駈け飛んでく花火危い! 当たれ! ドンと鳴れ! 降りかかる火の粉を払って飛んでくるその姿は未知への遭遇と言うべきでしょう一言に纏めて言うなら
馬鹿もほどほど いい加減にしろよ受験地獄に自ら入る予習復習宿題ポイポイ親にやらせて大学行くぞ親も承知でいい加減にしろよ 馬鹿もほどほど いい加減にしろよトイレさがして左へ右へ汗ばむ手足でほっとひと息捨てる神ありゃ拾う神あり紙が無いです いい加減にしろよ 馬鹿もほどほど いい加減にしろよ女にあこがれ熱あげのぼせいつの間にやらエプロンかけて子供を背おって家計簿つけてなにがニュー・ファミリーだいい加減にしろ
土曜の夜に大酒くらいゴキブリふん捕まえてお風呂に入れるゲンゴロウになるかしらんお風呂の加減は如何ですチョットぬるいからもやしてくれよと言うわけねえだろう正気の沙汰でないと 沙汰でないと………ギンギンギラギラ 陽が昇るギンギンギラギラ 陽が沈む 二番ができていない!三番はできている! 土曜の夜に大酒くらい海水パンツとり出してお風呂に入る海水浴場になるかしら背泳ぎは如何ですチョット陽に焼きたいからオイルを
山の上からドンブリコと狸が一匹おりてきてぶんぶく茶釜になりきれずに全国指名手配あんまり袋が目立ちすぎてサンタクロースに化けていた 雪の中からエンヤートットと白雪姫が現われて毒リンゴを噛って王子のキスを待つあんまり毒が効きすぎて即死の状態で倒れてた 川の上からポッカリコと桃太郎が現われてまさかりかついで桜を切り倒しおじいさんに正直に話したらアメリカの大統領になれました 箱の中から浦島太郎がジャンジャジャン
流行(はや)り物が大好きな あいつらが行く あいつらが行く舶来品の大好きな あいつらが行く あいつらが行く本当の事は何ひとつ 聞きたがりません 言いません軽佻浮薄を武器にして きどったつもりのすかりっぺ野郎が低俗文化の先取り目指して まかり通るわ花の東京のど真中 ここは原宿 おおそれながらもアフタヌーン ブランド物が大好きな あいつらが行く あいつらが行くアンティックが大好きな あいつらが行く あい
タコ昼寝してた ネコ来たネコ足食べた タコ気がついたネコ逃げた タコ追いかけようとした足 なかったチャリンコ コギコギ 大騒ぎオートン ブイブイ 大騒ぎシャコタン ブーブーそりゃもう大騒ぎ……さわぎこちゃんタコタコブチブチ ベベベでドドッドドタコタコブチブチ ベベベでドドッドドビートにはずんで……こんなもんでどうかしら? タコ昼寝してた ネコ来たネコ足食べた タコ気がついたタコない首 かしげて考えた
月夜の晩 柳の下 突じょ出ました オオカミ男トイレに行くから紙をくれオー紙 オーカミと泣きました 月夜の晩 柳の下 突じょ出ました こうもり男しゃがみこんだと思ったらこんもり こんもりとくそをした 月夜の晩 柳の下 突じょ出ました フランケン今日の天気はいかがですフランケン フランケンと泣きました 月夜の晩 柳の下 突じょ出ました お岩さんジャイアンツの大ファン王ーいいわ 王ーいいわと泣きました 月夜の晩
ドシラソファミレドあるテレビでこう言ってた 口を大きく開けなさいそうすりゃスターにしてあげる てなこと言ってお前は医者かあるテレビでこう言ってた ちゃんと姿勢を正しなさいそして背すじを伸ばしなさい てなこと言って体操の先生かお前はあるテレビでこう言ってた 高校2年でかわいらしいだからスターにしてあげる てなことだからいつのまにやらでっけいつらして 本人すっかりその気になって愛だの恋だの命だのって 
どうしても君と二人で踊りたいね踊ってもかまわないけど誘惑しないでね俺だって好みも趣味もあるんだぜ私だって選ぶ権利があるんです君が20才になる頃に又歌えたらいいね 今だからうちあけるけど君が好きさ好きなのはわかってたけど友達でいようね大好きさ 君とこうしている時が私だって二人の時が好きだけどでもね世間の目があるからほどほどにしようね 神様にお願いひとつあるとしたらもう一度子供の頃にもどして欲しい基本的に