Hey Lady 私の話しを聞いていろんなとこを旅して得た出来事を誰かに聞いて欲しかったのドラマチックなロマンチックなそしてゴージャスなOh Lady モンテカルロのクルーザーで シャンペンをぬきいろんな人と明け暮れる豪奢なパーティー Uh-uh a青さが残る愛しい人と恋にも落ちた夢のように劇的な私の日々 Hey Lady 私の話しを聞いていろんなとこを旅して得た出来事を誰かに聞いて欲しかったのドラマチックな
私は待っているわ 愛してくれるまで貴方を待っているわ さようならいつでも待っているわ 愛してくれるまで貴方を待っているわ さようなら 例え大惨事が起きて 濁流が走り街中が廃墟と化してもシェルターの重い扉を開けて貴方の名前を呼ぶ私 私は待っているわ 愛してくれるまで貴方を待っているわ さようなら さようなら 例え私が事故で死んでもほっとしちゃいけない幽霊になってもどって来るわ貴方の名前を呼ぶ為に 私は待って
空の彼方にうかぶは雲嗚呼我が恋愛の 名においてその暴虐の 仕打ちにさえもはやただ 甘んじて許す 牛のように豚のように殺してもいい いいのよ我一介の肉塊なりライラライラライ ライラライラライ我一介の肉塊なり 空に消えゆくお昼のドン嗚呼我が恋愛は終始せりあの泥流の恩讐がもはやただあとかたもなしや 愕然とする間もなく腐敗しはじめる我一介の肉塊なり ライラライラライ ライラライラライ我一介の肉塊なり
あなたの燃える手で あたしを抱きしめてただ二人だけで 生きていたいのただ命の限り あたしは愛したい命の限りに あなたを愛するの 頬と頬よせ 燃えるくちづけ交わすよろこび あなたと二人で暮らせるものなら なんにもいらないなんにもいらない あなたと二人生きて行くのよ あたしの願いはただそれだけよ あなたと二人 固く抱き合い 燃える指に髪をからませながら いとしみながらくちづけを交わすの 愛こそ燃える火よあ
さばくよ ナイルよ クレオパトラのため息クレオパトラの涙 さばくよ ナイルよ あかい あかい くちびるのみほす さかずき神さえも迷わす 絹の蜜月燃える 燃える 砂の上 産み落とされた太陽と風の麗しの申し子 クレオパトラのため息クレオパトラの涙 さばくよ ナイルよ 最後に愛した男は 黄泉の国へ宴の終わりは 命の落日あつい あつい 砂に命返すの今めくるめく 狂おしい その愛ごと クレオパトラのため息クレオパトラの涙
チェンソー スターター 一気に引く手お願い誰か私を止めて骨まで響く振動で全身感じる恍惚 あ駄目殺意のボイラー コークスくべてああもう我慢ができない滴る生き血に餓えるわ愛しい貴方が食べたい ドリルのスイッチ オンするこの手お願い誰か私を止めて闇夜に唸る轟音で鳥肌が立つのよ身体中 あ駄目殺意の炎にガソリンそそぐああもう我慢ができない腕や目玉や脳まで愛しい貴方が食べたい誰でもいいから私を止めて 誰でもいいか
閉じ込められた閉じ込められた王様の牢屋の奥に ああ私は 閉じ込められた ああ誰よりも 美しくなりたくて光輝く ダイヤを盗んだからなの私の愛しい あの人のために 私の愛しい あの人のために王様の牢屋の奥に ああ死ぬまで 出ることもない ああそれならあの人も ここに閉じ込めてなぜならあの人もまた 盗んだからなの私のこころを 盗んだからなの閉じ込められた
ジェットのような真昼の嵐轟いては地響き上げておののく私を囲むよにああ正体は蝶々の群れ 鮮やかな虹色の羽根鋼鉄の鱗粉を散らす生きているうちにしか できないことを本能のみで知る者達 蝶々 吹き上がるグラデーション金の鱗粉舞う中を長い髪なびかせて目を閉じて立ちつくす マッハのよう春の日の嵐彼らの姿は大自然人間のように悩みはしない第一蝶は自殺をしない 鮮やかな虹色の羽根鋼鉄の鱗粉を散らす私が死んだって世界は変わら
あふれた涙で 育てた赤い花吐しゃ物肥料に血の赤にじんだような食虫植物置いてゆくわ ああこれからこの部屋で起ることすべて貴方の幸も不幸も充血した目のように見つめ続ける私のかわり あふれた涙で 咲かせたヒステリヤいろいろあったわいろいろあったわよね覚えているわこの花が いろいろあったわよね覚えているわこの花が
ジンジンジンジン血がジンジン梅も桜もほころびてジンジンジンジン血がジンジン箱入りむすめはねむれないバテレンごのみのテッポーで夢がやぶけりゃギンギラギンはじめて飲んだあこがれの夜明けのコーヒーどんな味あなたもバージンあたしもバージンバージンブルース ジンジンジンジン血がジンジンかなしいかなしい音がするジンジンジンジン血がジンジンさびしい男はねむれないヒバリもケイコも総あげだ栄えて乱れてギンギラギンお酒