逆境のオリオン – 愛城華恋(小山百代)、神楽ひかり(三森すずこ)、雪代晶(野本ほたる)

「ひかりちゃん、すごいキラめきだね。
これがシークフェルトの雪代さんの本気……」
「華恋、大丈夫。きっと私たちなら。負けない」

太陽は昇り 月隠れの時
栄光の裏で 寂しく輝く
許されざる恋 秘めたる心を
運命(サダメ)を試している

私は一時の迷いに逆境に屈しないように
惑わす全てよ 凍りつけ
愛は決して怖くなどない

「ひかりちゃん?!……待って、そんな……氷漬けにするなんて」
「いかなる時もレヴューに手加減などない」

どうして どうして
同じ場所 舞台目指す者
孤独に戦う人 ともに戦う人
情けを持ち込んだ あなたを許せない
どうして どうして
こんな氷漬けに
まるで氷山 情にかまける愚かさを
変わり果てて 身に刻むがいい
与えられた 砂漠のように乾いた
役を全うするべきだ アルテミスの心

「待っててひかりちゃん。今、助けるから」

恵の光よ 冷えた海に降り注げ
太陽の歌声が 大きく広がっていく
恵の光よ 涙干上がって
荒れた地に雨を降らせ 砂漠に緑を
暗闇に輝く星を 鳥に空を 君と約束しよう
思い通りいかない気持ち
爪を研いで 牙を剥く舞台の 魔物たち
立ち向かって 勇気を持て 目を背けずに
仲間と ともに助けあい
セリフを ほら 繋いでいこう さあ

君がアルテミスでも オリオンでも 君がアポロンじゃなくても
敵国でも 剣を交えたとしても 裏切っても
奪い合う運命でも それでも

幸せを求めてる 幸せを求めてる
キラめく星になりたい 星になりたくて
幸せを求めては 幸せを求めては
星に手を伸ばしてる

「私たちは、負けない!」

きっとそう 二人なら
一人では 届かない
星に 手が届くはず