3,2,1,0,get down. I feeling my soul.to take over mind. 「I love you.」3,2,1,0,get down. I
夜空に包まれた街並みが幸せな色に変わってたもうこんな季節だね懐かしい匂いがした なんでもない毎日が嘘みたいに君と出会って 輝き始めるこれが幸せなんだと感じていたふとした瞬間(とき)怖くなるほどに 優しい微笑みで 心癒された 時計の針を戻してほしい まだ 君が好きだ (君が好きだ)変わらないよあの頃じゃない 僕を見てほしいまだ 君が好きだ (君が好きだ)叶わないけど今更だけど 気付いたんだ伝えたいよ この気持
走れ 森の中を掻き分けて 形振りも構わず 走れ 深い闇を 切り裂いてさあ手を伸ばせ 夢に見た この世界は あの頃と違うけどゆずれない 想いを胸に今も私は ここにいる 流した涙の数は 超えてきたという証夜空に星が輝く 行こう はるかかなた 悲しみにくれたら 思い出してきみはひとりじゃない 遠く離れてても きっと大丈夫 つながっている その心に火を灯せ 生命を焚べ走れ人生は一度きりだ 本気出す時が来た 夢はいつでも
[Nervous Nervous] Nervous Breakin’Down!! 吐いた嘘ひとつ 見抜けなくて 君のスペクトル 色づいてく 何をしても どこにいても 「一緒だよ」って…頭ん中 リフレインで もう眠らせて あさきゆめみし Dreamer 季節はまた変わるけどこれ以上 これ以上 惑わせないでよね 近くに感じていたい 飾らないEye かざしたいいつまでも いつまでも 夢 醒めな
微笑んでいる君は いつだって輝いてた伝えたい事は ずっと心の中想えば想うほどに この胸 苦しくなるの頭の中 君ばっかり 責任取ってよね 初めてなの このトキメキ素直に言えたなら 悩みなどなんでもない 僕は 君を守るために(生まれて来たんだ)君と一緒なら Forever Forever ずっと最初から分かってた(好きになってしまうと)出会った その瞬間に感じたおんなじ 気持ちで いたなんて信じられない 恋
桜の舞う下で 君と歩いて行こうよ 蒼い空を見上げてごらん 見つけた流れ星が不器用なキミの方を 微笑み照らしているよ さあ、僕は歩んでいくよ 皆と別のエアプレーンで君のいない未来なんて 想像もつかないけど 向かう風こそ未来へ進むキミだけに与えられたキセキ そうずっと一緒に夢描き走る船でさ出会い別れがあるからこそ命輝く 桜の舞う下で 君と歩いて行こう 3ヶ月目くじけた日も 泣きじゃくり暴れた日も半蔵門 怯えてた日
何故だか いつも 焦ってばかりありふれた 日常の中見て見ない振りして 過ごしてるなにもかもが あやふやになってた変わり映えのない毎日に溜息ばかり ついていた鏡を見ても 冴えない顔うまく笑えない誰もがみんな彷徨っていた答えのない この現実にまだ見えない 明日へと期待してる夢を描いた 瞬間に心は 煌めき 羽ばたく大切な事 いつだって揺らめきながら 気付いてる本当の自分 ありのまま想いは 空を越えてゆく
それぞれの想いを語って 出会えた仲間や離れた仲間時には辛いこともあるけど 今はありがとう あの頃よりも強くなったね そう言える日がいつか…「笑った顔が大好きだった」なんて 言えないけど宝物だった 駆け抜けて今があることを[for your love] 君と夢を見たこの景色も ずっと色褪せぬように 守り続けた8年 君と記す音の欠片たち[for my life]僕ら包むから 強くなれた 涙 流さずに想い
雲の切れ間光が射して 反射してる水たまりこの機逃すわけには いかないね部屋中のフェイバリット集めて心の声聞ければ 重い荷物も忘れちゃうよ 誰もがみんな生まれた ときから旅人喜怒哀楽ループで 進む ワンダーランド ありったけの愛を ありったけに詰め込んでさあ飛び出せ 無限に広がる世界へ溢れるメロディーを 溢れるまま口ずさんでリズムにのって 歩けば 明日もSunny day! まだまだ始まったばかり 先の見え
Where is my heart? Where is my true heart?甘い誘惑Where is my heart? Where is
恋のウォータースライダー 水しぶきあげながら見つめ合えばハートsplash Ring Ring Dongハレツしそうな 想い全部あげるからどこか遠くに連れ去ってねdarling 恋の予感は突然に ほら南風に乗ってやって来たoh baby I love you 笑顔を思い出すたびに嬉しくて 楽しくて 苦しくてチクタク チクタク 好きって時限爆弾 溢れそう 溢れそう だけど一歩ずつそう 近づいていく この夏を 逃す手
エトランゼ時の河をひるがえして 旅をしよう このまま終わらない未来へ進め! 空の高さに限界はないんだって教えてくれた君がいまも側にいるそれじゃ銀河も越えて一緒に行こうって真顔で言うわたしに頷いた絵空事だと 嗤(わら)う他人(ひと)に傷ついても自分を笑う 人にならずにいたい エトランゼ 時の河を切り裂くほど光るパドル 両手に 星のしぶき受けて進め!とめどなく こぼれ落ちる涙なんか流れ星に紛れて 飛んでゆ
透明で見えないゴールだとしたって迷う事なく進み続けるよ 逆境に抗い闘い つかむんだ 永遠グローリー(オンリーグローリー) 僕らがここにいる意味を明日へと (刻もう) そっと瞳を閉じた どんな軌跡巡ってここにたどり着いたかを 噛み締めこぼれた涙もっと上を目指して もっと高く跳びたい衝動が熱く疼く 今 もう一人の弱さ捨て がむしゃらに走れるか?後悔したくないから そう強く羽ばたこう (夢の扉を開いて) 透明
伝われ超伝導シンパシー Bi Bi Bi Bi ずっと探してたハートのピアス なんでこんなとこにあんの!?(もう!!)付け替え完了でやっぱ最強このコーデ さりげなくガーリー まだ友達になって 間もないけれどちょっと不思議な距離 感じてるつい早歩きしてて 今到着したけど約束してたのは 2時間後です! 君に会える日は嬉しくて 君が来るまで待てなくてなんか忙しいんだけど ちょと待って これつまり“君に会いたくて 恋し
さよならがそっと 意味する別れの時 どんな言葉 口にしても戻らない時は 僕らを大人にした 共に過ごす時間を胸に今 届かない想いはないから 夢はずっと捨てないでこの手の中 輝いてる いつまででも 青春のバスは走り出す 僕のこの気持ちを乗せながら溢れ出す 思い出のメロディー 忘れない 君との日々 一緒に笑って 君と過ごした季節 夢に向かうバスに揺られ通いなれた道 寂しがる声がする 君の背中 見送る僕がいる 涙色の
もう少し早く 気付いていれば君がいなくなることもなかったのかな迷いは置いていくって決めたけど少し後悔するくらいは 許してよいつまで経っても 強くなれないまま自分だけが足りないなんて 悔しくてさ 放つ魔法の言葉 響く透明なノイズその向こう 突き抜けて掻き分けて進め 光差す方へまだ夜が明ける前 駆け出して見つけに行くまだ僕の知らない世界を いつもより少し眠い朝も いつか大事に思う日が来るんだろうなどこまで
情けないばかりと嘆く 暇なんかもうないさ心が枯れてしまう前に舵を切って帆を張ってどれくらい助走をとって踏み切れば 向こう側まで飛べるかな考えないで今こそこの気持ちをぶつけろ!いつでも 泣いたり笑ったり忙しいなってそれでいいなっていつまでだって待ち続けるってそんなの性に合わない!欲張ったって良いことないぜ頬張ったって糧にならんぜ粋がったって強くならんぜ大事なもんが足りてないんだ見えないもんまで拾って傷つい
足りないこのピースを見つけるために動き出した景色(せかい)の中いつから変わったのだろう 夢の形が小さく遠慮してるどんな嘘ばかりついたって(弱い自分にそっと) 伝えたい この気持ち(声にのせて)叫びだす 前向きなDays君と約束した あの場所へとたどりつく時は 僕の 側にいてよ 届け もっと もっと 星空の彼方へ光のシンフォニー(シンフォニー)君と夢見た未来はどんな笑顔で僕らを迎えてくれるだろう響け も
燃やせ (燃やせ)最後の力断末魔の声に なろうともWake up! to take back the furure(起き上がれ!自分の未来を取り戻すために)小高い崖の上 月夜に照らされて誰にも知られずに 誇り気高きLion… 押し殺す (泣き声は) 深淵の (闇に消え)自慢の鬣(たてがみ)靡かせて巨星、山河に堕ちる? 走馬灯が 脳裏を よぎって 語り掛ける優しくも 儚い思い出よ 全身で全力でぶつかった恋も 夢もリベンジ
「おいしい!」そう言わせたいから 練習中なのあなたの好みのメニューを肉じゃが カレーにハンバーグ できるかな 不器用だけど 心をこめて レシピ通りのままに 作ってるのになお母さんに聞いてみよう 美味しさの隠し味 「それは愛情!」 恋より熱く 愛より深く あなた好みの味になるように苦手なはずの 料理だったのに好きになれたのはあなたのおかげ その存在こそが私の スパイスだわ 食後のスイーツだって挑戦 違うよ
FUN FUN FUN!! FUN FUN FUN!! Hey!! お~っとっとっとサマー 常夏だぜ!ココナッツは? どこだっす~~? 夏場所だぜ~!BeBeハッピースマイルの波風たてましょう~!(はっけよ一いのこった!) お~っとっとっとサマー ご苦労様~こんなときゃ オン ザ ビーチちゃうのんイカサマー! ノーノー! たこサマー! 熱ちゅ~!!バーベ!バーベ!キュキュキュキュ~~~ (野菜もね~~!!) ほんと
どこまでも続くこの空に誰かが残したメッセージ君には聞こえているはずさ心のトビラを開いて パズルのような この 散らばった世界足りないピースを求めて旅立とう! 僕らは 無限の未来へと必ず たどり着けるから偽りの声に 惑わされぬようにホントの 強さを何度も 倒れそうになってもいつでも 一人じゃないから大切なものを つかむその日まで信じてみよう明日の空に 静かに流れる時の中歌い続けてきたメロディーいつから忘れ
蒼い空を望むなら 泣いても泣いても 進まないから最愛の君の笑顔を 守る為なら… 『私は、戦う。』 フッと目を反らした君に かける言葉見つからずに…僕は胸に決めた想いを 沈黙の海に沈め飛び出した 皆といる時強がる反動で二人きり 甘えて 正直になれたそんな毎日を懐かしむ程に僕を(僕を) 待ってる(待ってる)手招きした 運命の中に身を投じる! 蒼い空を望むなら 泣いても泣いても 進まないから離れる事で君を救え
晴れた午後の揺らぐ太陽がまぶしく肩に降りそそぐ陽射しアスファルトの水たまりたちをスキップ踏んではしゃいで向かった 凹んだ日もキミと笑うだけで大丈夫だよ転んだ傷だって癒えるから そうね向こう見ずな未来を描いて私たちは進んでいるMY WISH!! 譲れない夢を抱きしめて だから出会えたことは奇跡みたいにしあわせだよと言えるからLET’S GO!! 手をつないではるか遠くまで いつも勇気もらったメロディ
Be a dreamer 眠りからHeatup dreamer 呼び覚ませ Be a dreamer 腕広げHeatup dreamer 解き放て! 目の前に 広がる世界果てしない青い空高鳴るよ 鼓動光のリズムにあわせて この先に 何が待つのか誰にもわからないけど目を閉じて 聞けば風が導いてゆく いくつもの夜を乗り越えて彷徨い続けた日もあるの今ここに閉ざされた扉が開かれるよ Be a heatup dreamer 迷わないで
どれだけ僕ら 喜びや悲しみを知って大人に なってゆくんだろう「現在」「過去」「未来」いつも側に いてくれた心の扉 開いて伝えたいのありがとう ありがとう 大好きな パパとママに抱かれて生まれた私は 愛の証そのものあの頃の夢 心の中生きている色付いてくキャンバス思い出はダイヤモンド ボール蹴るあの人見てた 14フルート吹いた最後の夏 15原宿でピアスを買いに 16思い出はダイヤモンド ママにも言えない秘密
期待してないよ そう都合よく雪が降るなんて ありえないよね 白い息が空へ舞い上がったらそれだけで気分は上々 幾重にも巻いたマフラー (笑顔)それだけで世界はWinter Show (まだかな) 「早く着いちゃって」 (それは嘘) 「適当だけれど」 (悩みすぎた) 本当のプレゼントはこの箱のもっと奥 まだ友達の君へ そっと忍ばせるよメッセージキャンドルを消す前に 君に届きますように夜が明ければきっと 魔法もとけてしまうよ
LOVE BEAM ×2 君に届けLOVE BEAM ×2 叶えたいのキラキラ光る星に願うLOVE BEAM ×2 君に放てLOVE BEAM ×2 輝きたい 始まりのストーリー(L・O・V・E LOVE ×2 BEAM ×2) ×3L・O・V・E Yeah!! なんか ちょっと ドキドキだけど ちょっと ワクワクでも 君の前ではハートに服を着せて隠すのもっと みんなは 素直に…って言うけどやっぱり 素直になるって どうすん
(だからギュッとギュッと抱きしめて ずっとずっとそばにいてね)(だからギュッとギュッと抱きしめて ずっとずっとそばにいて)(キュン キュキュン キュンキュン キュキュン) キラキラの風と自転車 カーブ曲がれば ドキドキの潮騒キミとの季節がはじまる 太陽に熱くキスして 大好きだと叫んでる この胸はきらめいてどうか(どうか)届きますように 捧げたいの全てを 進めカレンダーガール 他の誰かじゃ満たされないのど
8月のカレンダー 眺めてタメ息ひとつ友ダチのままの日々 指でかぞえてみる夏の終わり 夕暮れの帰り道 歩幅合わなくていつのまにか前を歩いてるそんな不器用な背中に飛び込みたい Close to you! どんなときも君の近くにいるよ もう迷わないからAh 次の夏も一緒がいいな ずっとキラめく happy summer days!追いつきたい 伝えたい maybe… “LOVE” ケンカしてる最中 君が先に笑