輝きだした今日のすがたはいま めぐり始めた 通りにそった 街路樹の木漏れ日が 空をひろげて 水色した 風のよいんくるりとまわって とおくへぬけた それぞれの 歩幅をなぞるように季節は景色を はこぶ 透明な 時のかけらひとつひとつが 今日への おくりもの かたちはこころのいぶきを すがたに輝きだしたここにうまれた きらめきっ!の日 校庭のすみ てつぼうにくくった リボンの軌跡はまるで雲を 描くようにだえんを写し
遅刻したんなら歩こう眠たくなったら寝とこうお腹が鳴ったら帰ろうごまかしておこう 前髪切ったら遊ぼう似合わなかったら凹もうお揃いだったら笑おうなんて素敵じゃん 映画のような奇跡とか魔法は使えないけど寝癖なおせば 世界も変わる明日も約束だよ 笑顔で それじゃあねっ! 一緒にいられたらそれだけでもっと青空が見えた晴れのち曇りも急などしゃぶりもあわてず手を繋げば大丈夫虹を辿っていこう こんな小さな幸せがずっとずっ
明日をのぼって 空を見あげたら広がったあかりが きらりきらりきらり 手をつないだ カバンがそよ風におよいで 吹きぬけたあとを小石がおいかけてくななめにそそぐ陽は 今日もほほえんで小道をまがった香りを やさしく包みこんだ ほら かけだしてみれば 顔と顔を合わせば景色は心をえがく 窓辺にうつりこんだ 木かげを横切って笑顔がてらす「○」がきっと 見えるはず 明日をのぼって 空を見あげたら広がったあかりが 遠く突
ここにいることが記憶しきれない奇跡になるよセツナイロ 描いてゆこう 見たこと無いけど知ってる気がするんだ 記憶の何処かの嬉しさ デジャブしてる 無意識の言葉が触れた優しさに 何度も彩られてしまう! ここにいることが記憶しきれない奇跡になるよいつの日か これでいいような曖昧な色で 塗りたくろうよセツナイロ 描いてゆこういつまでもね 言葉にしづらい心くすぐる笑顔 瞬きするのも忘れちゃいそうになる 切なさも不意にあるけ