同じ夜を鳴らす – 思い出野郎Aチーム

街路樹がコマ切れにする街のあかり
灰色の夜に星空の代わり
朝を待ちながら疲れきって笑った
君の横顔は青白い光

憎しみに慣れすぎた午前四時の街
分断された人々の夜を
少しだけ割れた音で満たして
スピーカーは今日も

同じ夜を鳴らす
同じ夜を
罪深い僕らを包み込んで
同じ夜を鳴らす

夜を鳴らす
同じ夜を
うずくまる人と 打ちのめされた君と
同じ夜を

まるで 石の かわり
言葉 うけて 血を流す
罪なき 人を 尻目に
同じ道具を使い もはや都合よく
ラブソングを歌う気にもなれず
形のない鼻歌を口ずさむ

憎しみに慣れすぎた午前四時の街
分断された人々の夜を
少しだけ割れた音で満たして
スピーカーは今日も

同じ夜を鳴らす
同じ夜を
罪深い僕らを包み込んで
同じ夜を鳴らす

夜を鳴らす
同じ夜を
うずくまる人と 打ちのめされた君と
同じ夜を