春、風船 – 怒髪天

冬の間着てた お気に入りのコート
そろそろ衣替え 陽射しも柔らかい
この季節になると 決まって思い出す
ありきたりの話 大切だったもの

春風に舞い上がる 赤い風船ひとつ
誰かの手から 離れてふわり
それは 帰らぬ日々か

空に手を伸ばして 泣いてる女の子
そのうち忘れるよ それも悲しいけど

春風に舞い上がる 赤い風船ひとつ
誰かの手から 離れてふわり
それは 戻らぬ君か

春風に舞い上がる 赤い風船ひとつ
誰かの手から 離れてふわり
それは 帰らぬ日々か