希望丸より愛をこめて – 怒髪天

まるで 勝ち目のない こんな 負け戦に
懲りず 挑むなんて アンタ 馬鹿だよ
一人 また一人と 船を 降りる奴ら
笑顔 で見送るぜ いつか また会おう

明日を信じるとか
馬鹿の一つ覚えかよ
いつまでやる気だよ?
俺に だって 分かるかよ

沈む 夕陽を 受けて 泥舟はゆく
船の 舳先にて 風を 感じながら
指で 示した 先に 何が待つやら
荒れた海の その向こうに
明日の有りや無しや

晴れて 波もなけりゃ 気持ち安らぐけど
風を 受けなければ 前に進まぬ
いずれ 沈んでゆく それが運命なら
逃げも 隠れもせず 受けてやるまで

乗りかかった舟に 想い出刻み込まれて
此処には大切なモノが一杯詰まってる

沈む 夕陽を 受けて 泥舟はゆく
船の 舳先にて 風を 感じながら
指で 示した 先に 何が待つやら
荒れた海の その向こうに
明日の有りや無しや