BABY BABY BABY SHALL WE LOVE?BABY BABY BABY SHALL WE LOVE?BABY BABY BABY SHALL
ねぇ、、、やっぱり会いたい君に失い気付くバカな僕あの頃は こんな未来が来る事わからずに笑ってた… 切れない糸があるなら一つだけこの想いを今君へと 繋げて 寂しい夜は僕がそばにいるよ守りたい笑顔や、涙、全部「君が好きだよ」どんな明日も愛して歩けたら… 二人で ねぇ、、、今もまだ覚えてる?初めて君に歌った曲言葉じゃ 伝えきれない不器用な僕からの愛のうた 照れくさそうにうつむく君の横こんな日々が
だいたい いつでも夢見がち 大概 いつでも彼女持ち なんて 神様 不公平 海外 旅行も雨ばかり 対外試合でめだったよ やっと チャンスが 来たかも… いままでの分 取り戻すようなすごいLOVEを期待してます 条件はそんなにはないよやさしくって こまめがいい 条件はそんなにはないよいっぱい食べてくれる人がいい はりきり すぎのドジが意外 とびきり 美人でないが故 やっと チャンスの時間ね 一生の運 使ってでも良い運命のパーティ
やさしさで包みたい大切なこの気持ちどんな日も失くさないぬくもりをくれたから巡りゆくときのなかいつだってそばにある色褪せることなく ずっと変わらぬ想い鮮やかに咲き誇るよ大きな花束 目覚めればいつでも隣にいてくれた辛い日も負けそうなときもくじけそうな夜も手を繋いでくれたまた明日へ踏み出せるよう 何千の 何万の言葉じゃなくて正直な 本当の笑顔でこたえたい やさしさで包みたい大切なこの気持ちどんな日も失くさない
ひとりぼっちで少し退屈な夜私だけが淋しいの?Ah Uh くだらなくて笑えるメール届いたなぜか涙止まらないAh ありがとう 誰よりも私が私を知っているから誰よりも信じてあげなくちゃ! 人生って すばらしい ほら 誰かと出会ったり 恋をしてみたりAh すばらしい Ah 夢中で笑ったり 泣いたり出来る 誰かと話しするの怖い日もあるでも勇気を持って話すわ私の事 晴れの日があるからそのうち雨も降る全ていつか納得できるさ! 人生
ララバイ 憧れの相思相愛あの頃が 夢みたい 負けない このくらいなんて事はないサヨナラね Bye Bye ずいぶん前から あなた凍っていた心 レンジで解凍したら戻ればいいのに… 泣いてないわバカみたい バカみたい触らないでよ 好きよ 好きすぎて意味がわかんない好きすぎて バカみたい 何よ 何なのよ行けば良いんでしょサヨナラね Bye Bye ララバイ 今ならばやり直せるわ朝まで 眠らない? ウソよ これ以上迷惑か
同じ夜空の星を見上げた遥か遠くに思い寄せまだ知らぬ友に会えそうだシルクロード進もう 共に励まし 共に讃えて共に心を通わせ家族のように 生きていけるさ絆もきっと出来るさ 万年行き交う この道にすべての希望が詰まってる万年誰かに伝えてく不思議な魅惑 MY ASIA僕らが生きる MY ASIA 恋に黄昏海を見渡すこんな近くに歴史もある同じような顔に見えても同じ人はいない 夢を数えて 涙に変わり季節がまた流れてく家族の
抱きしめる手段は 好きにして愛告げる言葉は KISS にして絶え間ない努力は 影でしてつかの間の休息です なんか 奪えない 愛だけどなんか 憎めない 奴だけど 終わらない仕事なら すぐに来てくだらないジョークでも 口にして「邪魔しない約束」の 口付けてYOU LOVE ME
時間を追い越す距離夢中で走ってきたナミダ色の痛みさえ着飾るフリして 優しさもろい日々も自分を彩るからありのままにちりばめたい名もない宝石 愛されて 愛し合うほどきらめくこの世界虹のように 輝けるなら濡れたままでいい しなやかに 透き通る希望誰にも壊せない降りそそぐ すべての一秒あなたといたい 指折りかさねたストーリーどれもがまぶしいけど遥か遠い願いほどキレイに見えるね 手を伸ばし 触れたとしても光はすり抜け
すべり込んだ今夜 止まり降りたベースラインうねる鼓動 ざわめく肌 軽い期待に わたしにはわかる あるがままのフィーリン飛び越えた リズムがいま 高鳴り弾けたら EYES まだまだ 刹那スピードをアゲルならLOVE 視線を 大胆に感じLIES しぐさで ハート 巻き上げたトルネイド眠らない街 見つめる瞳 「かまわないの?」なんて 聞かずに奪ってよ強引な落とし方で 満たされたいの 本気のまなざし くちびるの誘惑駆け
だって初めてもっと愛したいと感じたのきっと子供のように無邪気なあなたとだから 感動するわ どんな場所でだって一緒に居ると楽しくて わがままな私の願いをもう一度叶えてあなたには見せられる笑みで眠りたい 明日もきっと だってこれまでだって愛した人は居たけどきっと誰よりずっと私を見せられた人 感動するわ ほんの少しだって一緒の時間が嬉しくて 強がりな私を脱ぎ捨てありのまま裸でどこで何をするよりむしろ愛されて 眠る
応えて 欲しくてもう一度 聞きたくて温もり 感じてたくて 夜空に 流れる幾千の 星達へ言葉に 出来ない 願い きっと君が 愛していた歌声は 届くかな何度でも 歌うよ君が光を放つなら 夜空に咲く星見上げては祈る「会いたい…」想いが届くようにいつかの 笑顔で見ていて 今夜も華のように… 涙は いつでも物語 隠せないこぼれて しまうモノなの 「ずっと君を守るから…」と思ってる 
言葉を交わす代わりに寄り添いあって街の光り見つめてた肩越しの想い出 ずっと 忘れたくて喧騒の中を歩いた 面影に目を伏せて夜更けに夢 探して最初に浮かんだのが貴方の顔なんて すべて捨て去っても最後まで残るもの体を流れる愛が止まらないわ声が聞きたくて 触れたくて 電話して逢いたいなんて言えないけど何処に居たって 待っててあげる 言い訳よりも温もり信じたくて唇に指をあてたあの夜の熱い吐息 忘れたくてあてもなく
二十歳って 想像と 違ってるなんか 姉貴のそれともね ね 二十歳って 案外と 普通だねなんて 口では言ってみた 大きく深呼吸さあ 羽ばたこう!助け合って讃え合って生きていく 日本中のいろいろを知りたい EVERY DAYまだまだ いっぱい教えてほしい 「HEY YOU!?」 太陽だって 気づかない幸せいっぱい両手に持てないほどのプレミアム ようやくっと 人生が 一人前だなんて 母さんって すごいんだ ね みなさん
一人の月曜日彼は今何をしているかな? 一人の月曜日旅行に出かけちゃった彼 つま~んないいつも逆ねつま~んない彼もこうやって私を待っているのねやっとわかったよ 早く帰って来てほしい初日なのに電話もないし メールもない何度も問い合わせしてる待つのってこんなに大変 一人の木曜日今日は彼帰ってくる予定 一人の木曜日こんなに楽しみなんて ごめ~~んねいつも逆でごめ~~んねこれからは絶対連絡入れたりするから心配させない も
小さなころからなんとなく 描き持っている夢 あるのよ どこまで続くかなんにも 分からないけれどだけど 歌うよああ しあわせ 突然の気まぐれだけどでも それもわたしよ ゆっくりと歩く夜も駆け足の時もあるわ 立ち止まり 景色を見て感動する日もあるのよ やさしさならば 負けないわあなたの次だけど 大きくなってもかわらない 癖があるのまあ しょうがない… 寂しいときには思い出の場所に行くのそうよ 一人よああ 懐かしい 偶
瞳がかすんでくあなたはもう居ないいつかの 悲しみいつかの 喜びこの胸に仕舞った OH 生きて行こう嫌なことから逃げずに また 明るい燈が灯るからまっすぐ歩いて行こう また 朝の光昇るからしっかり歩いて行こう 言葉が滲(にじ)んでくあなたの言葉があの日の 戸惑いあの日の 誘惑戻らないその時 AH 生きて行こう好きな事柄探して この どしゃぶる雨も枯れるだろう素朴に生きて行こう でも たまには雨濡れるも良いしっかり
抱きしめるとなんだかドキドキする 口付けるとなんだかやさしくなる あなたに出会えたあの時は奇跡と言うしかないけれど あなたに出会えて輝いたそれからの ワタクシ 抱きしめるとなんだか安心する 口付けするとなんだかホッとする あなたの背中につかまってゆらゆら夜空を飛んでみたい あなたのダンスの真似をして一緒に踊りたい WOW WOW WOW素敵ね 恋は素敵ね新しい時代は この手にあるから WOW WOW WOW気持ち良い 恋は
寂しくてねえ 寂しくて一人では息が苦しいの寂しいまま夜(よ)が明けていく早く会いたくて 会えないままの朝いつもと同じくメイクしてる途中笑ってみた 笑顔までもブスで情けない私は厚化粧でごまかす昨日の涙 地下鉄を2つ乗り換えながら純な恋してた頃思い出すかわいい子してたな 抱きしめてねえ 抱きしめていつまでも そう どんな時でも「抱きしめて」声に出せない切なる本心 いつもの夜になる相変わらずの部屋メイクはしたまま
会いたいな会いたい今日も夜がほらね 明けてく AHなんとなく時計見る夜が寂しいだけ AHさんざめく都会での孤独に打たれ 誰でもいい?そんなのウソだわ 恋するくらい簡単だけどたぶんアナタとのことがずっと忘れられないのね 付き合っていたわけでもないのに…たぶん少し期待してた絶対ありえないんだけれど 会いたいな会いたい声を少し聞いてみたいの AH混沌としてくるわいつも会っていた時間 AH本当の愛情に飢えているみたい 鳥の
高層階の夜景窓から見下ろす車のライトが雨にキラメク 今日も会えないかな待ってみるけど連絡もないまま時間が過ぎる 淡い夢私のわがまま恋の途中乱れてゆくわ 風は自由に夜空をめぐり季節を連れてくるのにあなたはいっつも同じ台詞 ね でもね それでも待ってる私あなたの事どうしてこうなるの… 窓を開けてみた雨の匂いだわFMの音がノイズに消える 甘いワナあなたの意地悪わかっているけどため息でるわ 風が窓から入って来たわゲンキ
ねえ 早くその声聞かせてよねえ 早くその指触らせてよねえ 早くこの胸飛び込んでよねえ 早くこのまま始めましょう ねえ 今日もゆっくり楽しみましょねえ 今日もたっぷり夢ごこちで その長いまつげ魅力的ね少しキスしていいかなAh~ GIVE ME LOVE愛それは無限の欲望求め出したらキリがないわ 愛それははかない象徴パッと火が点いていつの間にか消えゆく ねえ そんな強くは握らないでねえ そんなうわべじゃ届かないわね
あきらめたくなったらこの場所来て 思い出せば良い 悲しい夜が来たら泣き明かして 忘れるが良い 愛の歌愛の言葉の影 夢の色夢の涙色あせて行く Ah WOWWOWWOW 孤独と戦う人生でも一人で生きてくわけでない Ah WOWWOWWOW 自分に厳しく出来ないのに誰かに優しくされたくて 思いついたことならすぐにメモに書き留めれば良い 忘れたい出来事は自然力に任せるが良い 人の癖人の心の中 夏の風秋の気配季節はめぐってく Ah
夢見なきゃ ただの馬鹿だよ 見かけほど強くはないわ誰でもひとつやふたつ人には言えない秘密を 持ってるでしょう 幼い日の傷は ふだん隠れていても何かがあるとズキズキ疼き出す 仲間外れの記憶死んでしまおうと思った日私の心の中 そう 声が聞こえた 夢見なきゃ ただの馬鹿だよ 13で口紅デビュー舐めると苺の味が大人と子供の間を揺れていた頃 幼い日の私 声を殺して泣いた何が悪いの何でこうなるのと あなたと会った日から魂のインナーチャイ
あなたの息が聞こえるわそう あなたの腕で甘えてるの なんて幸せ地球の真ん中であなたに強く抱かれてる 人はいつでも寂しがりやだけれど孤独を乗り越え大人へと進む 今宵 あなたと愛し合った本能はわたしだけの秘密なのよ ステレオから流れてるああ なんだか少し懐かしいわ 心の中を読まれているようなあなたの無邪気にのけぞる 朝は気ままに目覚めた方が燃えるわ言葉もなく唇に唇を わたし あなたと出会うまではどんなだっけ?もう 
ねえ 後ほんの少しあなたのことねえ 教えてください今夜もまた AH ねえ 唇重ねてあなたのリズムでねえ このまま突き抜けて 宇宙へと 缶コーヒーが好きな人です手をつなぐのは ありえないらしい たまに優しい言葉に泣かされ愛おしい人 感動の続きは目覚めて始まる毎日の出来事だわ 太陽は気づいてる本心を分かってる素直で行けば良い ねえ 後ほんの少し腕の中でねえ まったりとしたい今夜だけわ AH ねえ 燃えるよに熱いあなたのペースでねえ このま
Dance with me baby baby踊りましょうよI love you hold me hold meガラスのパンプスDance with me baby
渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわきれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った電車にゆられこの街まで あなたは会いに来てくれたわ私は今もあの頃を 忘れられず生きてます 今でも 八雲神社へお参りすると あなたのこと祈るわ願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい 床屋の角にポツンとある 公衆電話おぼえてますかきのう思わずかけたくて なんども受話器とったの この間 渡良瀬川の河原に降りて ずっと流
恋をしてまた 破れてでも めげずに誰かに恋して そうじゃなきゃ日々 つまらないだって 本能が叫んでる 何日も悩んでたのがウソみたいに忘れられる時がやってくるし 肝心要は好奇心だからおざなりにしないでさらなる探究心 でっかい世界を縦横無尽恋愛戦隊シツレンジャー 恋の後また 涙ででも 鼻水ながらにおうどん もう一度やり直したいそういう 弱気な私にGood bye 明日が来りゃ また新たな出会いもある楽しい仲間だっていっぱい いるし 肝心
出かけよう 新しい希望 目指しでかい目の深呼吸「出来る」とそう言い聞かせて 出かけよう 遠くまで行くでもなく近所でも いいんだよ気合いで行こう 曲がり角なら迷えば良いどうせならば楽しもう!ポジティブ元気! 平成の新天地創ろう 奏でようほらみんな 待っているからやるしかないんだやるしかないんだ 出かけよう 昨日より熱い 友情何度でも 分かるまで語り明かそう 愛や恋には答えが無いだけどいつも真剣だポジティブ元気! 平成の新天地夢の